プロフィール

CBSソニー(現SONY・MUSIC・ENTERTAINMENT)(1973年~1990年)在職中、辣腕プロデューサーとして数々の賞を受賞。矢沢永吉・浜田省吾・南佳孝・ハウンドドッグ・SHOGUN等の宣伝プロデュース、坂上忍・久保田利伸・おニャン子クラブ・河合その子・渡辺美奈代・小林麻美・大木トオル等の制作プロデュースを手掛け、斬新な企画力と卓越した制作能力で常に新しい時代の波を作って来た。
音楽プロデュース以外に作詞家として河合その子「涙のジャスミンLOVE」レコード大賞作詞大賞受賞。コピーライターとして(ニューミュージック・シティーミュージック・ライドオンタイム)等の造語を発表。文化服装学院やアパレル産業経営者勉強会の特別講師も行い、幅広い活躍で認知度も高い。
2001年韓国デジタル・シネマ、2002年漢方ネットワークのビジネスモデル等を構築、現在の韓流ブーム健康ブーム等の先駆者としても貢献を果たした。
2003年中国古典楽器の演奏グループ「女子十二楽坊」を日本に紹介。音楽監督として参加し1Stアルバムは空前絶後の世界的大ヒット(250万枚)を生み出した。
2007年に、中国国家運営の「中国放送民族楽団」を招聘して日本のツアーを開催。中国政府との深い関係を築き北京でビジネスマッチングの事務所を開設した。2011年9月に起きた空前の反日運動によりやむなく撤退。
2012年ビジネスプロデューサー協会(BPA)の副理事長就任。ビジネスプロデューサー育成のためのBPAスクールの校長も務めていた。(現在は同会を退会している)
2013年よりEXILEのサウンドプロデューサー岩戸崇と「音師工房」を立ち上げる。ハイレゾサウンドを応用した環境音楽と医療音楽の提案である。
2013年創業121年株式会社カインドウェアの顧問就任。新時代のアパレル産業の道筋を音楽プロデューサーの経験を活かし、カインドウェア事業戦略室室長として数多くの新規ビジネスを提案している。
2016年スマートシニアビジネス倶楽部(SSBC)理事就任。シニアが活躍する場を創出しシニアの為のサービス事業を開始する。
現在、マーケティング講座や各種セミナーの講師を務めながら、
高齢者と子供達が安心して暮らせる「豊かな社会作り」の活動も続けている。